ランニングウェアのオンラインショップランニングファースト〉直輸入ランニングウェアの専門店
                         
 
 




■ ランニングウェアのメンテナンス・洗濯等におけるお取り扱いについて

肌に直接触れるランニングウェアやフィットネスウェアほど洗濯の頻度の多いウェアはほかにはありません。ウェアは基本的に
洗うほど劣化してゆくものです。洗濯時の注意点やお取り扱い方法についてまとめてみました。

・チャックやベルクロファスナー等の付いたウェアは単独で手洗いをお奨めします。特にトップスやTシャツなどのデリケートな繊維を引っか
けたり、傷付けたりしやすくほつれの原因となるためです。

・ランニングウエアの素材として多く使用されているポリエステルは汚れが移りやすい性質があります。汚れのひどいものや色落ちする濃
い色物とはわけて洗いましょう。

ウエアの冬物等半年以上使用しない白系のウェアの保管にはビニールの袋などできちんとたたんだ状態で保管しましょう。そのままタン
スに入れっぱなしにすると湿度や温度の変化により変色のおそれがあります。
時々着るのが一番です。

・お気に入りのウェアはできれば手洗いで、裏返して洗うことをお奨め致します。表地の光沢を保持したり、毛羽立ちによるへたりや劣化
が違ってきます。

・ウェアにつけられたロゴマーク等熱接着によるプリント部のもみ洗いはやらない方がよいでしょう。劣化や剥離につながります。

・白のトップスとダーク系のタイツやショーツ、ウインドブレイカー等色落ちする可能性のあるものは一緒に洗濯しない方がよいでしょう。色
移りの可能性があります。

・基本的に手洗い、手絞り、風通しのよい場所での陰干しをお奨めします。

                                                     ▲このページのTOPに戻る

■海外の洗濯表示及び取り扱い表記についてまとめました。
大切なランニングウェアのお洗濯や取り扱い方法もしっかりチェックしてください。 

海外の衣料品につけられている代表的な洗濯記号や取り扱い表記についてまとめてみました。国内の表示規格とは異なるISO(国際標
準化機構)が定めた表示です。ランニングウェアは衣料品の中でも洗濯回数の多いものの一つで、比較的丈夫に作られていますが、洗
濯方法や取り扱いを間違えていることを気づかずにいることは以外に多いのです。下記の表示は衣料品全般にわたって印されている欧
米の記号と意味です。ランニングウェアやフィットネスウェアの洗濯とお手入れに是非チェックしてください。

代表的な洗濯の記号
最高温度  90℃
機械的操作とすすぎ 普通
円心脱水  普通
最高温度  90℃
機械的操作 弱
すすぎ除々に温度を下げる
円心脱水  弱
最高温度  60℃
機械的操作とすすぎ 普通
円心脱水  普通
最高温度  60℃
機械的操作 弱
すすぎ 除々に温度を下げる
円心脱水  弱
最高温度  50℃
機械的操作とすすぎ 普通
円心脱水  普通
最高温度  50℃
機械的操作 弱
すすぎ 除々に温度を下げる
円心脱水  弱
最高温度  30℃
機械的操作とすすぎ 普通
円心脱水  普通
最高温度  30℃
機械的操作 弱
すすぎ 普通
円心脱水  弱
手洗いのみ
最高温度30℃
注意して取り扱う
                                   ※最高温度は上記にご紹介以外にも70゜C 40゜C等様々です。

塩素系漂白の記号
  
  
  
塩素系漂白可
低温希釈溶液に限る
  塩素系漂白不可

アイロン掛けの記号
最高温度が200℃を限度におこ
なう
最高温度が150℃を限度におこな
最高温度が120℃を限度におこ
なう
アイロン禁止

ドライクリーニングの記号(ご参考)
   ドライクリーニングに用いら
れるすべての溶剤を使うド
ライクリーニング
   テトラクロロエチレン及び図柄Fのた
めに決められたすべての溶剤に使う
ドライクリーニング
   トリフルオロトリクロロエタン、
石油系溶剤によるドライクリ
ーニング。通常の洗浄処理
による
   左記Fに示された溶剤によるドライク
リーニングにおいてクリーニング中に
加える水<機械的作用又は温度に
厳密な制限を加える。セルフサービ
スクリーニングの禁止
  ドライクリーニング禁止
溶剤により汚れを取り除いて
はならない

タンブル乾燥の記号
    タンブル乾燥 可乾燥条件
普通 
  タンブル乾燥 可
乾燥条件 低温
   タンブル乾燥不可 

自然乾燥の記号
  吊り干しがよい
 
   平干しがよい
  日陰で吊り干しがよい    日陰の平干しがよい
                                                                                 
                                   このページのTOPに戻る

アメリカの取り扱い表示用語と意味

アメリカ製衣料は上記マークと下記表記の組み合わせ又は下記表記のみが多くみられます。

Do not bleach 漂白しない
Do not spin 回転脱水はしない
Do not wring 手で絞らない
Do not tumble dry 乾燥機使用禁止
Do not iron directry on the print プリント部に直接アイロン掛けを禁止
Do not leave wet 濡らした状態で放置禁止
Delicate cycle 短時間でやさしく洗う
Dry cleaning only ドライクリーニングのみ可能
Dry in shade 日陰干し
Dry out of direct sunlight 直射日光をさけて干す
Drip dry 絞らず軽く脱水して吊り干しアイロンで仕上げ
Machine wash 洗濯機で洗う
Machine wash warm 洗濯機で中温で洗う
Machine wash hot 洗濯機で高温で洗う
Machine wash cold 洗濯機による水洗い
Wash inside out 裏返して洗濯
Wash with like colors 同系色どうしで洗う
Wash separtely 一枚づつ分けて洗う
Wash dark colors separately  濃い色のものと分けて洗う
Warm iron on reverse 裏から中温でアイロン掛け
No bleach 漂白は禁止
Hand wash cold 水による手洗い
Iron 温度指定のない場合は通常高温アイロン
Warm iron アイロン中温
Cold iron アイロン低温
Iron wrong side only アイロンは裏側からかける
Not heat 加熱禁止(ヒーターを使わず乾燥機使用)
Do not iron アイロン禁止
Smooth by hand 手でしわを伸ばす
Rinse thoroughly 十分にすすぐこと
As needed tumble dry 必用に応じてタンブル乾燥できる

                                                               
■海外の衣料品の表示について

■海外の衣料品にはISO(国際標準化機構)が定めたサイズと取り扱い絵表示がタグで取り付けられています。
洗濯などの取り扱い表示は、日本の表示(JIS)と違っています。ヨーロッパと米国でも異なっています。ヨーロッパは日本と同じ絵表示です
が、表示内容に違いがあります。米国は文言による表示が多く見られます。これは日本と欧米では洗濯機の種類や使用する水の温度に
違いがあるなどによるもので、完全に日本の取り扱い表示と対比させることはできません。幸いランニングウェアは一般のファッション製
品とは異なり、洗濯を前提に作られています。
繊細なファッションほど神経質になることはありませんが、お買いあげいただきました商品の取り扱い表示や文言につきましては、洗濯時
やお取り扱いの参考資料として添付致します表示書類にてご案内致しておりますのでご確認下さい。海外の洗濯表示及び取り扱い表記につ
いて

■一方、輸入衣料品のサイズは、ISOによる表示はほとんど使用されておらず、S・M・L・XLといった表示は同じでも実際のサイズは国や
メーカー・ブランドによって異なるのが実情です。

トップへ
トップへ

  このページのTOPに戻る

  走るのが一番。
RUNNING FIRST
インポートランニングウェアオンラインショップ


copyright2007.All right reserveved by Running First